IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2017.12.1

第1回「世界防災フォーラム」を開催しました

 

 

 

世界防災フォーラムロゴ。人々が集い、ともに考え想像する姿をイメージ。ロゴの4色は、産・官・学・民の4つを象徴。

 

世界防災フォーラムとは

 

2015年に仙台で開催された第3回国連防災世界会議で、「仙台防災枠組2015-2030」が策定されました。会議のホスト国・日本では、今後、国内の防災対策を進めていくだけでなく、国際社会との連携を深め、「仙台防災枠組」*1の実施を強⼒に牽引していくことが求められています。

 

その一環として、スイスの防災ダボス会議と協力して、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台」を、2017年より隔年で開催していくことになりました。国内外から産・官・学・民の防災関係者が仙台に集い、地元市民の方々も参加します。多様な人々が世界最先端の防災知見を共有し、防災の具体的な解決策を創り出すとともに、東日本大震災に関する教訓を世界に発信していくことが目的です。

 

*1:「仙台防災枠組」…世界全体の将来の防災の方向性を示す取り決め。国連加盟国は今後2030年まで、この国際的防災指針に沿って防災を推進していくことに合意し、会議開催地・仙台を記念し「仙台」という名前が冠された。具体的な推進の方法については、各関係者にまかされており、各自が創出していく必要がある。

 

 

東北大学IRIDeSのかかわり

 

東北大学およびIRIDeSは、この世界防災フォーラム運営の一翼を担い、第一回フォーラムの開催を全面的に支援しました。今村文彦IRIDeS所長が世界防災フォーラム実行委員会*2委員長、里見進・東北大学総長が会長をつとめ、世界防災フォーラム事務局をIRIDeS内に設置し、仙台市はじめさまざまな関係機関と連携しながら、鋭意、準備を進めました。

 

*2:世界防災フォーラム実行委員会…東北大学、仙台市、宮城県、河北新報社、東北経済連合会、Global Risk Forum GRF Davos、仙台商工会議所で構成。

 

 

第1回世界防災フォーラム、成功裏に終了

 

 

 

2017年11月25日(土)~28日(火)、記念すべき第1回世界防災フォーラムが、仙台国際センターおよび東北大学川内萩ホールで開催されました。一般公開・無料市民イベントである前日祭を皮切りに、49のセッション、27のミニプレゼンテーションが行われ、93のポスター、12の展示ブースが出展されました。また、フォーラム期間中に、被災地へのスタディーツアー・エクスカーションも実施されました。

 

フォーラムへは、イラン・フィリピン・台湾・アメリカなど42の国・地域から、947名の会議登録者が参加しました。延べ参加者は、一般市民来場者や、同時開催イベント「ぼうさいこくたい」「防災産業展」の関係者等も含め1万人以上に達し、大盛況となりました。