IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2016.12.9

地域住民と共に取り組む津波避難計画(杉安和也助教)

社会工学(都市計画)を専門とする杉安助教は、福島県いわき市などで、地域住民の方々や他のIRIDeS研究者・防災関係者と協働し、特に津波避難の観点から地域防災計画づくりに取り組んでいます。避難訓練を実施する際に、津波ハザードマップを用い、電気自動車や避難者の時間ごとの動きを科学的データとして記録できる「GPSロガー」などの最新技術を取り入れながら、実際に住民の方々と計画の有効性を検証し、避難所や避難経路の設定、誘導の仕組みなどについて改善策を提言しています。   東日本大震災発災前は、津波からの車による避難は公的に認められていませんでした。しかし震災を経て、自治体の中には「原則は徒歩避難であるが、車による避難も検討」とのスタンスへ方向転換したところもあります。避難場所の再検討も行われるようになりました。杉安助教らは、これらの変化も地域防災計画に取り入れています。   津波ハザードマップは、都市計画の手法を用い、避難計画・避難所・浸水範囲等の情報を結集して「見える化」したものと言えます。東日本大震災を契機に、それまで全国で整備が立ち遅れていた津波ハザードマップの普及が急…

2016.12.9

Working on Tsunami Evacuation Plans along with the Local Community

Assistant Professor Kazuya Sugiyasu Inter-Graduate School Doctoral Degree Program on Science for Global Safety Working especially from the perspective of tsunami evacuation, Social Engineering (Urban Planning) specialist, Assistant Professor Kazuya Sugiyasu, is involved in creating local disaster prevention plans. He has been involved in projects in places such as Iwaki City, Fukushima Prefecture, working in cooperation with local communities, other IRIDeS researchers, and other workers in the f…

2016.11.21

NHK仙台放送局における「大規模災害時のリスクマネージメント講座」に協力(佐々木宏之助教)

11月7日(月)午後、NHK仙台放送局にて、「大規模災害時のリスクマネージメント講座」が実施され、NHK職員約30名が参加しました。IRIDeSの佐々木宏之助教は本講座の企画段階から協力し、当日は、宮城県内の消防・医療関係者らとともに講師の一人をつとめました。   参加者は5つのグループに分かれ、グループごとに配置された講師とともに、大規模災害発生時における、NHK仙台局内・被災地取材クルーの対応について考えました。佐々木助教は講師の一人として、有事の際の指揮系統、装備、情報伝達などについて参加者と話し合いました。DMATの活動経験のある佐々木助教と、東日本大震災を含め多くの災害を経験したNHK職員の間では、これまでの経験を踏まえ活発な応答が行われました。   当日の講師5名は、DMAT・医師である佐々木助教、消防の救急救命士、診療看護師といった多彩な顔触れになりました。近年、災害時の多業種連携の必要性がますます認識され、DMATが平時から消防・警察等と連携し有事に備えている状況を反映しています。   この講座は、佐々木助教が2016年熊本地震被災地にDM…

2016.11.16

脳科学を用いて「災害を生き抜く力」の解明に取り組む(杉浦元亮教授)

  IRIDeSでは、工学・医学・理学・文学など多分野の専門家が集まり、学際的に災害・防災研究を行っています。今回はその中から、脳科学と防災分野を融合させる世界初の試みを行ってきた、杉浦元亮教授の研究をご紹介します。     脳科学で防災分野に取り組むようになったわけ   脳科学とは、人間行動と脳の機能の関係などを、心理学・計測工学・医学など多様な専門家が集まって解明する研究分野です。研究にあたり、まず人間に関する文系的な問いを立て、その答えを理系的な技術で導くことが多く、脳科学にはもともと文理融合的・学際的性質があるといえます。しかし、脳科学を災害事象(理系が中心)について関連づけて研究した事例は、これまでほとんどありませんでした。   杉浦教授は、医師であり脳科学の専門家ですが、研究者になった当初は、防災については特に着目していませんでした。しかし、それまでの脳科学は部分的な人間行動しか取り上げてこなかったのではないか、もっと大きな視野で人間を捉えたい、との問題意識を持っていました。   そんな時、IRIDeSの前身であり…

2016.11.5

過去400年に世界で発生した津波を解析、可視化(今日は「世界津波の日」)

本日11月5日は「世界津波の日」。昨年暮れに国連総会でこの日が制定されて以来、初めて迎えることになります。「世界津波の日」にあわせ、IRIDeSの今村文彦所長、サッパシー・アナワット准教授ら研究チームは、過去400年間に全世界で発生した地震による津波について解析し、地図上で可視化した上、レポートとしてまとめて一般に発表しました。   今村所長ら研究チームは、世界における過去400年間の地震による津波災害(94例)に関する発生・伝播に着目し、各津波の高さ分布、流体力、到達時間などを計算しました。その結果、「1970-2016年」と「1600-1969年」の2つの異なるタイムスパンで最大津波高さ分布をみると、地域的に大きな違いがあることが明らかになりました。過去約40年間だけで見れば、主な津波被害はインド洋津波と東日本大震災によるものになりますが、さらに過去400年まで遡れば、リスボン、チリ、アメリカ西海岸など、より広範囲で大きな津波被害が発生していたことがわかります【図1~3】。また、研究チームは、津波の強さ・速さは高さと必ずしも一致せず、高さにだけ注意を払っていると予想外の場…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 14

TOPへ